土地を買って家を建てる場合の消費税

土地を買って家を建てる場合の消費税

土地を買って家を建てる場合の消費税 消費税は、日本の国内において、事業者が対価を得て行うような取引全般に対して、その価格に見合った税額を負担しなければならないものとされています。
そのため、店頭でなんらかの商品を購入したり、サービスを受けたりすれば、実際の税金は事業者が国に対して納税するにしても、そこには消費税分の金額が転嫁され、間接的に購入者が支払っているわけです。
しかし、こうした取引であっても、消費というにはなじまないものや、社会的に配慮が必要なものについては、非課税という措置がとられています。
たとえば、土地を買って家を建てる場合であれば、土地については非課税扱いとなり、家の工事費用のほうにだけ、消費税がかかるということになります。
土地については、購入ではなく、借地である場合についても同様の取扱いとなります。
なお、土地そのものではなく、購入に付随して発生する、不動産会社への仲介手数料、登記を依頼した司法書士に対する報酬といったものは、非課税取引にはあたりません。

土地の売買契約時に発生する「手付金」

土地の売買契約時に発生する「手付金」 土地の売買契約を結ぶ場合は、ほとんど間違いなく手付金というものが発生します。
これはあらかじめ売買代金の一部を売主に対して支払っておくもので、基本的に土地など不動産の売買は、契約締結の際に手付金を支払い、実際の引き渡しの際に売買代金の残額を支払うという流れになります。
またこのお金は契約を破棄する場合にも大きな役割を果たします。
買主が契約を破棄したい場合は手付金を放棄すれば契約を解除できますし、売主が契約を破棄したい場合はすでに受け取っていたお金を返還し、さらに同額のお金を支払えば契約を解除することが可能になります。
なお土地購入に必要な住宅ローンの審査に通らなかった場合は、すみやかに売主は受け取っていたお金を返還しなければいけません。
金額に関しては特に決まりがあるわけではありませんが、一般的には物件価格の1割から2割程度とされているようです。
ただし売主が不動産会社の場合は、宅建業法により売買代金の2割が上限とされています。

新着情報

◎2022/12/5

情報を追加しました。

> 土地の登記簿謄本を取得することはオンラインでも可能
> 不動産登記法は土地の売買において知っておくべき法律の一つ
> 土地のトラブルを回避するために重要になる管理方法
> 土地の権利証は売却の際に必要になる書類の一つです
> 土地を購入する場合は一般的な流れを把握しておく事が大切

◎2017/11/27

土地の売買は慎重に
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

空いている土地の活用方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/14

土地売却で知っておくべきこと
の情報を更新しました。

◎2017/3/29

農地を土地活用しましょう
の情報を更新しました。

「土地 消費税」
に関連するツイート
Twitter

返信先:そもそも消費税が消費に課税しないなら土地が非課税なのも、輸出入に消費税が非課税なのも説明できないけど、どういう風に説明するんや?

返信先:なんで土地取引に消費税がかからないか説明してくださいね

返信先:土地取引で消費税が掛かるのは 不動産事業者だけだよ。 後は非課税w

返信先:土地取引に消費税は掛からないよw 粗利は売上-仕入れだよ。

うちはありがたいことに、土地があってそこに建てられるんだけど10年前だったらきっと今の半額くらいで家建ったんだろうな。消費税10%とかまじ馬鹿らしいわ😩 今が建てるタイミングだったから仕方ないけど同じ「家」なのに!