農地を土地活用しましょう

農地をお持ちの皆さま土地活用しましょう

農地を土地活用しましょう 農地は宅地に比べ、固定資産税の水準が低く、評価も低いとされています。
手続きすれば宅地用としても活用できます。
しかし、予定もないのに宅地用に申請してしまっては税金が上がるだけでメリットがありません。
しかし農地法がひっかかり手をつけずにいるのはもったいないのです。
土地が広いならば、太陽光発電してみるのも活用方のひとつでしょう。
初期費用はかかるものもありますが、住宅に比べると、多くの発電が期待できます。
今は発電した電力を自分で活用、電力会社に売却もできます。
初期投資には1KWあたり約30万円なので、10年で元が取れる計算になります。
太陽光発電を行うには2つの方法があります。
ひとつは農地転用を行う従来の方法を「転用型」といい、もうひとつはソーラーシェアリングによって耕作を妨げない「営農型」です。
同じ1反の土地でも、転用型と営農型とでは設置できる太陽光パネルの量が異なります。
営農型は工作を妨げてはならないのが条件だからです。
土地を有効活用することによって得られるメリットは大きいといえます。

農地・遊休地の新たな土地有効活用

農地・遊休地の新たな土地有効活用 人によっては、農地を持っている場合があります。
その中で、土地が遊休地となってしまい、唯持っているだけとなってしまう事があります。
そんな中で土地を有効活用する方法としましては、他人に貸したりすることによって有効活用が出来るのです。
しかしながら、貸相手がおらずに困ってしまう場合がありますが、そんな時には、貸駐車場として使用する方法があります。
こちらにつきましては、土地の整備が必要となってきます。
その上で周辺住民に月額にて駐車場として貸し出しを行う事になります。
当然の如く、駐車場整備費や維持費等を考慮し、月額の金額を決める必要があります。
持っていても維持費だけ支払う必要が出てきてしまい、結局のところ無法地帯となってしまいますので、こういった土地につきましては、出来るだけ維持費だけを支払わずに、出来る限り自分に出来る事で有効活用をしていくのが一番いいのです。
但し失敗しない為には、やる事に対してあらかじめ調査しておく必要があります。

新着情報

◎2024/3/6

情報を追加しました。

> 土地活用の達人たち!旗竿地の活かし方と事例
> 土地の権利確認に必須!登記簿謄本の重要性
> 土地活用のヒント・近隣商業地域の魅力と活用法
> 土地活用のヒント:用途制限を踏まえた選択肢
> 土地取引で忘れてはならない接道義務の解説

◎2022/12/5

情報を追加しました。

> 土地の登記簿謄本を取得することはオンラインでも可能
> 不動産登記法は土地の売買において知っておくべき法律の一つ
> 土地のトラブルを回避するために重要になる管理方法
> 土地の権利証は売却の際に必要になる書類の一つです
> 土地を購入する場合は一般的な流れを把握しておく事が大切

◎2017/11/27

土地の売買は慎重に
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

空いている土地の活用方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/14

土地売却で知っておくべきこと
の情報を更新しました。

◎2017/3/29

農地を土地活用しましょう
の情報を更新しました。

「土地 農地」
に関連するツイート
Twitter

農地転用と地目変更のことで、地方の土地家屋調査士さんとお電話でお話ししたけど、素朴でほんわかした語り口にとても癒やされました。 そういえば、地方開業した同期が「地方の司法書士の1日」を教えてくれたんだけど、そこには人間らしい生活があったなぁ。…

ガイアの夜明け見てて、思ったが、放棄された農地がこんなにあるなら、国や県や市町村が土地を買って公務員として農業をする人を雇えばいいんじゃないかな。公務員なら給料は保証されるし、農業する人が増えそう。

遊休地を整備して、一家に一口100坪単位で、農地を無償で貸し出したらどうか。 土地所有者には、免税で報いる。利用者は農地の再生費用として、年に5000円程度積み立ててもらい、再生費用を差し引いて、返却時に返す。 米は無理だけど、イモ類ならいけるよ。

返信先:そのくせ農地法改正で外国人に農地売れるようにしますしね。 あいつら増産指示に従う義務曖昧なんですよ。外国人だから。 Chineseなどは相続税もゼロで一度土地を買われたらそこにあった食料生産能力は二度と日本に戻ってこない。

返信先:水源地、農地、森林全部買収されてってるらしい 要するに日本人と外国人の差があったらWTO的にアウトらしい 中国は国民に土地所有権許してない国だから、向こうも外国資本に土地の使用権しか許してないけど、日本はそれ使えんやん 今も対馬や水源地は重要土地規制法あるらしい。→